私たちについて

about us

What's

放課後等デイサービスとは

障がいや発達に遅れのあるお子さんが、早期に必要な療育を受け、将来的に必要な本人の負担を軽減するために、
放課後や長期休暇中に社会性や生活能力向上のための訓練や活動を行いながら、
心と身体を育むことを支援し、安心して過ごせる時間を提供する場です。

私たちが目指すところ

将来、子ども達が社会とうまく関わり生き生きと働く人に成長するための支援を目指しています。
そのために、子ども達が「自信(自己肯定感)」を持てるように、さまざまな働きかけをしていきます。

方針

  1. 全ての中心は
    子供です。

    私達は大人の眼鏡や常識にとらわれず、子供たちの眼鏡でお子さまと関わります。
    子供たち中に起きている身体、心、頭の使いづらさは、実は私たちにも同じような使いづらさを感じることが日々多々起こっていす。
    困っているのは子供??
    周りの大人??
    などと常にお子さんの目線で物事を判断し、全てのスタッフがお子さんにとって安心で最適な支援提供をし続けます。

  2. 子どもに関わる全ての人が
    子供の可能性を信じ続けます。

    心から信じるとは、簡単そうで実はとても難しいことです。
    特に信じ“続ける”のはもっと難しいです。
    出来ないことがあっても“できない”ではなく“今できないだけである”と全てのスタッフが、お子さまへ“元々できる能力が平にある”という前提で寄り添います。結果お子さんたちは諦めたり自己肯定感が下がることなく、今できることから成功体験を積上げます。心から信じることはお子さんの可能性を最大限に引き出し、『できない』を『できる』に変えていくだけでなく、本来持っているが使えていなかった能力も最大に引き出します。

  3. 子どもの自立する
    心を育てます。

    子どもたちは幼少期に自主性のある『自分で決めた遊びを最後までやりきる』ことで、自ら挑戦、チャレンジし『うれしい!楽しい!やった!できた!』というプラスな感情をもとに自立する心を育てています。この自立を育てるために幼少期に自分の中にある満足感や『自分で決めた遊びを最後までやりきる』という遊びの体験が沢山必要です。
    子ども同士、お友達との中でしか学べないこと、やりきるという満足感や安心感を沢山感じて頂けるようしっかりサポートし、“一緒に” “共に”自立の心を育てます。

Usage time

ご利用時間・送迎・提携医療機関

  1. ご利用時間

    平日 下校時〜18:00、学休日 10:00〜18:00

    詳しくは、お問合せください。

  2. 学校から自宅まで送迎

    学校→施設←→ご自宅

    ナンシーズハウスが学校までお迎えに行きます。帰宅時も自宅の玄関まで責任もってお送りします。

    ※送迎についてはご相談ください。

    ※ご家族による送迎も可能です。

  3. 医療機関との提携

    提携医療機関:はぐくみクリニック

    ナンシーズハウスは、はぐくみクリニックと提携して、子どもたちを支援しています。

一日の流れ

一日の流れ

※学校へお迎えを行っています。終了時間により、来所時間が異なります。

行事予定

12月の行事予定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31